沢田研二50周年記念Live 2017-2018

2017.8.23 町田市民ホール 18:30

今しばらく こちらで おまちください。

2017.8.20  大宮ソニックシティー大ホール 16:00

神席です!

なんて書いてみたいですが、本日は二階席です。

上手、というのか、壁から2つ目の席。
残念ながら壁際の方は欠席でしたので、私の舞台が出来てしまいました。
大いに、踊り、飛び跳ねる事ができました。

お休み明け、でどうなのかなと思いましたが、声が良く出ていました。
オペラグラス持参、MCの時に使いました。

16時という中途半端な時間で、昼寝をしたい時間です、などとご挨拶。

♪許されない愛 のあとの客席の歓声が印象的でした。

階段があるのですが、そこに後ろから降りてきた男の子がいて
端っこに立って手拍子をしていましたが、それがちょいとずれていて。
ずれるというか、ファンの手拍子と違っていて。
視界に入るから、気になりました。
ただ、往年の曲は知らないのか、大人しめ。
最後まで手拍子をしていたのは感心しましたが、もうちょっとお勉強してきてね、と思ったのでした。
多分、客席に圧倒されたのだろうと思います。
この爺さん、凄い!と思ったかどうかは不明ですが。

24曲目のMCも少し長め。40曲目のMCも。『自慢話になる』とこれまた長め。

これがね、とか、あれがね、とか。
『ほら、もうね。』
40曲やった、という話から
『40年、いや50年です。』と言い直して。

最近、涼しいのが続いているから、暑い。と。
小田和正さんの話になり。
途中からは出身高校の野球部が下手だったとか。
キャッチボールの正しいやり方を実演?してくれました。
かっこ良かった~~~


夏休み明け、久々なので『この曲もある、あの曲もある』と思いながら歌ったそうです。
50曲の歌詞カードを見るだけでも時間がかかる。

小田さんの話で『あいつは、』と言ったあと『あいつって言ったら怒るかな?』
フォークなんだよ、割りばしみたいな。
フォークとお箸、これには笑いました。
CMで流れている小田さんの曲のワンフレーズをアカペラで。
♪時をこえて~~~ と
僕が歌うとなまくらになる、と。
高校時代から文化祭で歌っていたころから勘定している。
そういう時代も入れている事に対しても、ちょっと自分とは違うと言いたかったようです。

Julieは昭和42年2月5日に♪僕のマリーでレコードデビューしてから50年と。

小松政夫さんの話も。

拓郎さんの話が出ましたが、大学時代の事は勘定していないから『まだ50年にはならない』と。
拓郎さんの事も『あいつ、と言ったら怒るかな?ま、いいや』と。
大学を出た人は50年は先ですね、(だったかな)

Julieにとっては、
『Tigersの4年間が大学みたいなもんだよ。
ずっと修学旅行をしていたようなもんだ。』

人に言われたくないし、だから自分で言ってるわけじゃない。
ほめられたくないし、けなされたくもない。

Tigersの4年間がベースになっている。
それがJulieの基準、というお話はなかなかJulieじゃなければ言えない事だと思いました。
温かい人たちの中だけではなくて、厳しい状況が今の自分を作ったというお話。
還暦の時、ドームでやりたいと言ったら、総合が逃げたんです!と。
『でもそれが良かった。じゃあ、やってやろうかと思った。』
そういう逆境を跳ね返す気持ちが50年という年月を作ったのだと思います。

私の中で今日のNo.1は
♪アリフライラウイライラ
でした。
あの当時のメロディーって好きなんです。
♪麗人
とか、本当に美しいJulieでしたし。

もちろん
♪愛まで待てない

♪そのキスが欲しい
では、完全に切れてました。
叫ぶ、叫ぶ。
Julieの歌声に酔いしれる、というか、
身体の中で血液が逆流するというのか、か~~っと熱くなりました。
そうなれる自分が嬉しかった。

還暦の時のリハの話になり
毎日10曲くらいずつやったが、最後のリハで緩めに歌った。
それで京セラでは抑え目にして、それが良かった。
東京ドームでTVも入っていたから、どんと。
ただリハで歌うと疲れる、誰もいなところで歌うのはしんどい。
でもお客さんの前で歌うと気持ち良い。

ライブをやっていこうと思ったというJulieの気持ちがよくわかります。
相手のいないところで歌っても、客席のpowerがないからそれがJulieの魅力を引き出せないんですね。
それがライブなんですね。

来年の古稀の祝い。
『大宮。どこかであるでしょう』と言ったのですがその前に
『さいたまでやる』と。
その意味するところは?と思いました。
ちょいと意味深発言でした。
おそらく来年の予定は着々と決まっていると思うのですが、さて?

(順番がごちゃごちゃになっていますが、こんな事を言っていた、という風に読んでくだされば、嬉しいです。)

フランスに行ったら『着物、来てこなかったの?』
演歌歌手ではありません。
宣伝部の人がまるでポップス歌手みたい。。。と。

そうや、ポップス歌手なんやって!
フランスでは4位まで行った。
イギリスのマンチェスターではラジオにも出て、英語でインタビューを受けた話。
公開番組にいっぱい出された。生で歌えと。
口パクですよ、今だから言うけど。
ファンの人にも握手だけじゃない。
両頬にキスをする。
音だけでいいのに、ちょっとしたら点数が上がるかと思って・・・
嫌だったわ~。日本に帰れば、こんな態度をとるのに(と、横柄な態度をジェスチャーで)

美佐さんが偵察に来た。
TVに出さされて ♪行かないで を歌わされたとまたワンフレーズ。
♪イザベラを歌って
『あ、これで1曲増えた』と。

ドイツ語で歌おうとしたがそれはすぐに取りやめで英語で出す事に。
フランス語の歌詞がよくわからないとレコーディングし直しになるくだりを熱弁。

加瀬さんはピアノのところに座っていて
『飯、行こうか』と優しかった。
出さなくても、いいんだから。大した曲じゃないんだから、とフォローしてくれたそうです。

売れたら映画を作ろう。東宝。
東宝についても、色々と『ここだけの話ですよ』
パリの哀愁での出来事。
『やめとこ』
大変でしたわ、って。
ラブシーンは、女の人には変わりないですから。
ナタリードロンと共演したかったようですが。
パリでは4曲出した。
スペイン語はローマ字読みだというけど、あれは違うから、と。
言葉に苦労した話を長々と、、、
マジョルカ島に行った話もしてくれました。

終演19時13分。

 

2017.8.5

オリンパスホール八王子 16:00

おりしも、八王子は夏祭りの日。駅前はごった返していました。
早めに会場に行くとすでに行列ができていました。

八王子と言えば、Tigersでデビュー間もなく、湯原昌幸とスイング・ウエストと一緒に八王子に来た、という話から
カーナビーツなどと一緒に関西を回ったという話も。

50周年。世間的にはどうでもいい。自分的にはいい感じだ。と。
楽しい話となると自慢話になるので、失敗した話をしようと思うが、そんなにない。
ジュリワンの時、♪フレンドシップで違うところを歌ってしまい、どこで入ればいいのか、と迷った話。

ヒット曲は少ないというJulieですが、私的には、追っかけ全盛期の曲ばかりで嬉しい限り。
しかも当時、1列真ん中で聴いた曲の数々。

年金生活、だというJulie。
でも年金即、介護保険とも。

50年間、スポットライトを浴びてきた、とまた自慢話。
(そういえば、広島で『生ピン消せ!』と怒鳴った事をふと思い出した私)
ピンスポットを浴びてきた。
Tigersの頃はなんといっても凄かった。
業界の人がびっくり仰天するくらい凄かった、と。

膀胱炎になっても立ち直って。。。。とまた自慢話。
大器晩成型という人もいるけど、早期晩成型で、鮮度を保つのが難しい。
保てるわけないんだから。体形なんて保てるわけないでしょ、
あなた、ですよ。

こういう話をすると責任逃れだと思われるかもしれませんが、と何度も。
年齢とともに、ね~。
人間は見てくれじゃないんですよ。
責任逃れするわけじゃないけど・・・・

♪アリフライラ ウイライラ
♪麗人
このあたりの曲は、曲そのものが好きで、今でもイントロが流れるだけでゾクゾクします。

41曲目以降は、もう最高潮。
♪サーモスタットな夏
♪ 晴れのちBLUE BOY


♪愛までまてない
♪そのKissが欲しい
この2曲は一番、盛り上がる曲です。

Julieが客席を煽るし、ファンもそれにこたえて、客席は大騒ぎ。
一番好きな瞬間です。
もう身体が熱くなって、か~~~~~っとしてくる瞬間です。

八王子が終わったら、お盆休み、と嬉しそうに言うJulie。

連荘でのステージにも関わらず、声は伸びていました。

♪永遠に
僕は君のものさ~

衣装替え後のMC

あと10年たったら60周年か~。
79歳!
還暦の時、半年我慢しようと思った。
酒とたばこ、どちらかをやめようとなった時、たばこをやめた。

願掛けして東京ドームの時、酒絶ちをした。
ドームのVIPルームでみんなで乾杯をした時、半年我慢したので白ワインを飲もうと用意したのに
乾杯の時点に間に合わなくて、『ビールで?』となったようでした。

今日の今日まで、いらしてくださったみなさん、ありがとうございました。

太ったのになんで逃げなかったの?
太って、ひげはやして、逃げんとね、偉い。凄いなあ、と思います。
逃げる為の理由がなかったから、かしら。

耳がだめになるだろうね。
そうなったら、ラップでもする?
なんとかかんとかよ~

何人のかたにお声がけいただきました。
隣に座られたかたは、やかましくて、ご迷惑をおかけしました。
曲が終わって『Julie!!』と声掛けするのを日課としていますので、ご理解くださるとうれしいです。

ステージが終わってなんとか外に出ると満月でした。
雨が降らなくて良かったです。

2017.8.4

習志野文化ホール 18:30 (追記しました)

完売御礼!!!!

嬉しいですね。
私にとって初めての習志野文化ホールです。

2時間50分!終演時間が21時25分。
ともかくMCが長い。
Julie曰く、
『自慢話になってしまう~~~』

かつて、のお話に終始したのですが、その内容はやはり、自慢話。。。。
仕方ないですよね、だって事実なんですから。

デビューしてからの50年について簡単に説明しつつ
今のスタイルに落ち着いたいきさつを丁寧に、自慢話?をはさみつつ、話してくださいました。

曰く、
TVは売れている時に出るべき
昔、TVに貢献していたから、出たいと言えば出してもらえるし
オファーもあった。
でも、高視聴率の番組ではなく、お笑いだったり、食事する番組だったり。
それはいやだから、じゃあ、自分でどうするかと考えたら、ライブだった。
人がいないところでは歌いたくない。
幸い、一家に一人は沢田研二を知っているから、その人が好きか嫌いかは別にして
一度、沢田研二を見てみようか、と思う人がいて、(会場に足を運ぶ人が)増えた。
還暦の時からそのおかげで10年間徐々に増えた。

今はともかく、長く歌っていきたいと思う。
いつまでもこんなに(たくさんの人の前で)歌う事は出来ないと思う。

TigersからPYG、ソロと孝之バンド。
速水清司くん(病気療養中との事)が、言った言葉(オリジナルでやったらいいじゃない)で背中を押されたという意味のお話。

前後しますが、
40曲終わってのMCの後、つまり41曲目からは大ノリノリ大会!
私の大大好きな時間帯です。

アンコール前のMCの続きです。

50曲歌おうと決め、1番は口が勝手に歌ってくれるが2番は怪しい。
ヒット曲は半分もない。。。。

膀胱炎、いえ、暴行事件の話になり、つい最近、2年前くらいに
鹿児島行きの飛行機の中で口喧嘩をした、と衝撃の告白がありました。

コロコロを引いていた時、ある人にあたったらしく(それに気が付かなかった?)
Julieが座席の上の棚に乗せようとした時、ある人がわざとぶつかってきて、
座っている乗客にあやうくKissしそうになるくらい飛ばされた事があったそうです。
頭にきて、『わざとやっただろう』と言ってあわや!!!

でもそこは大人ですから、言いたい事だけ言って。。。
共演者のイサオさんたちが押さえて押さえて、とジェスチャーしてくれた、と。

3度目の膀胱炎、いえ暴行はだめですよね。

やはり正義感が強い人なんですね、Julieは。

短気なのに、我慢強くもあるんです。
10年間はやってみようと思う。
音楽劇もそうでしたね。
10年やってみたら結果が出るだろう、と思ったらそれより少し短い時間で
人気が少し復活。
これもずっと続くとは思っていない。

金メ ダルをとった人もそうだと思うけれど、支えられた人に感謝しますよね。
でも、その中で、好きじゃない人がいるからこそ、その人たちの力も、自分の力にしている
という事を言っていました。
かつて下手だと言われたから、所詮、アイドルだから(すぐにいなくなってしまう、という意味で)と
言われて、くやしくて、ずっとアイドルでいてやろうと思った。
ACB言われた事が悔しくて。
アイドルを10年やってみようと思った。
そういう反骨精神があったからこそ、今のJulieがあるのです。
そんな風に話すJulieが好きです。
ともかく自分にまっすぐなところが好きです。

還暦になって普通は自分の事をジジイだなんて言わない。

でも僕は早く歳をとりたかった、還暦になりたかった。ジジイと言われたかった。
ジジイになったら、太ってもいいじゃない。
ジジイになったら、間違えてもいいじゃない。
がりがりに痩せて死んでしまったら、元も子もない。
ジジイの割には、やるんじゃないの?と。

ジュリワンで振りをつけようとした時、加瀬さんが、ん~~、と。
だから『加瀬さん、間違ってもいいんですよ』と言った、と。

曲の時に振りをつけようと思わなかった。
でも♪勝手にしやがれの時は、振りつけをしようと自分で考えようと東京音楽学院で部屋を借りてレコードを流しながら
やってみたがうまくいかなかった。そういう事は苦手なんですよ。
雰囲気だけ。
雰囲気だけ、を何度か繰り返してました。

Julieがトークショーをやってた時に、担当していた人が支配人になっていて
お祝いでシャンペンが部屋に置いてあったりする。
来年は古稀。いいめぐりあわせになっています。

♪渡り鳥 はぐれ鳥 の時
一生懸命に歌った、
♪TOKIO の時は糸井さんに、そんなに一生懸命歌う時代じゃないと言われたけれど
Julieとしては、一生懸命に歌いたい。
そこをわかって欲しい。

山あり谷あり谷、谷、谷。
今が底だからそこからもう一度、這い上がっていけばいい。

だからその延長線上に音楽劇がある。
自分からは注文は付けない、人がどういう風に演出するか、(その通りにやろうとするんですね。)
まな板の上のJulieですよね。

いつまでもこんな風に大勢の前で歌っていられるとは思っていません。
健康の管理をして、いつまでも歌っていたい。

順不同です、思い出すままに書いています。
ニュアンスも違うかもしれませんが、こんな風な事を言ってたのね、と思っていただければ幸いです。

50曲目
♪いくつかの場面
私なりに、その場面を想像して、MCに続き、ずっと泣いていました。
50年間の間、ずっとずっとJulieだけを見つめてきて、まさか50周年記念コンサートツアーに私が参加しているなんて
あの頃は想像すらできなかった。

ただただ、Julieに感謝です。
一番最初の動画?ビデオのラストは、『ありがとう』です。
確信しました。

オープニングの♪あなたに今夜はワインをふりかけのイントロを何回か繰り返すのですが
何回繰り返すか、数えようと思っていたのに、何故か興奮していて数え忘れました。
八王子で再度、チャレンジしてきます。

2017.7.16

NHKホール 18:30

待ちに待ったチケットが届き、喜んであけてみたら・・・
3階席でした。
初日に、近い席だと、…と 納得しておりました。

そんな私の元に、素敵なメールが。
仕事で行けなくなったので、その席で見て欲しい、と。
比較的前の席なので、空席にするには忍びない、と書き添えてありました。

びっくりしましたが、そのお言葉に甘えることにしました。

さて、一ベルが鳴っただけで場内から拍手が起こりました。
期待でいっぱいの客席です。

暗転して、天井からスクリーンが降りてきました。
ん?と思っているとビデオ?の始まり。

見慣れたJulieの2歳?の写真が1枚。
そこからTigersのJulieが、映像(明治チョコレートのCM)が流れ
それを見て、みんなが大喝采。

4分くらい?のビデオが終わり、スクリーンが消えるとそこにはスタンバイしたJulieとメンバーがいました。
緑色のジャケットです。
頭はうっすら黒い髪と白い髪が。

(お断り 暗い中、タイトルだけメモしていましたが、走り書きで読めないものもあって空欄にしています。
ジャケ写もそのうち載せていく予定です)

♪あなたに今夜はワインをふりかけ
イントロが3回くらい繰り返されて始まりました。

♪ 君だけに愛を
もちろん、きゃ~~~でした。

♪自由に歩いて愛して
わ。こんなところでPYG

MC

最初の映像は『僕ではありません。親戚の子です』とおとぼけ。

♪僕のマリー

♪青い鳥

♪greenboy

♪あなたへの愛

♪許せない秋

♪追憶

Julieは『ありがとう、サンキュー、ありがとうね』のみ繰り返します。

♪サムライ

♪君を真実に愛せなくては他の何も続けられない

♪ス・ト・リ・ッ・パ・-

♪ヤマトより愛をこめて

♪巴里にひとり

♪明日は晴れる

♪コバルトの季節の中で

♪君をのせて

♪憎みきれないろくでない

♪時の過ぎゆくままに

♪勝手にしやがれ
1曲ごと、イントロが流れるたびに、歓声を上げていた私です。

♪ 愛の逃亡者 THE FUGITVE

♪アリフ・ライラ・ウィ・ライラ~千一夜物語~

♪STEPPIN' STONES

♪ CHANCE

♪ラブ・ラブ・ラブ

え、ここで?

25曲、でも最初がおまけだったから24曲、と説明。

ちょっとMCが入りました。
29日目の髪の毛の長さを嘆き、歳をとると伸びるのが遅い?
鏡を見ないけど、汗が凄い、と。
前髪が伸びない、と。
3本額にしわがある、今は4本。
親戚の子たちは若い。

幸せであるし、しわよせでもある。。。

♪灰とダイヤモンド

♪Love 抱きしめたい

♪TOKIO

隣の男性の手拍子が微妙にずれているのが気になったりならなかったり。

♪ウィンクでさよなら

♪危険なふたり

♪ダーリング

♪麗人
始まる前に、さんざん、麗人について話していたので、まさか、とびっくり。
アリフライラウイライラも、同じでした。

♪ SPLEEN ~六月の風にゆれて

♪ きわどい季節-Summer Grffiti-

♪鼓動

♪ 六番目のユ・ウ・ウ・ツ

♪忘却の天才

♪ポラロイドガール

♪Pray

♪un democratic love

♪こっちの水苦いぞ

♪ISONOMIYA
これは依知川さんの手拍子の誘導がよくて、楽しくなりました。
40曲。
まだあるぞ~、いやだ~~。
でも、Julieが言い出したことだしね。

♪シーサイドバウンド
踊りました、もちろん!

♪おまえにチェックイン

♪ サーモスタットな夏

♪ 晴れのちBLUE BOY

♪6番目のユ・ウ・ウ・ツ

♪愛まで待てない
ジュリー祭りではラストソングだった・・・・
この曲は私の大好きな曲。だってタイトルがイカしてるでしょ?
叫ばずにはいられませんでした。

♪ ROCK'N ROLL MARCH

♪そのキスが欲しい

♪永遠に

アンコール

♪渚でシャララ(ビデオ)
しっかりとビデオを見ながら踊りました・・・

Julieが編集したというビデオ。
♪渚のシャララ 
誰にも手を出させなかった。という代物です。

加瀬さんとの画像が流れると、場内からは一番の歓声が上がりました。
加瀬さんと共演したかった、Julieの強い気持ちを感じました。
3500人のみんなが一番、興奮した瞬間でした。


スクリーンが上がってJulieが。
お辞儀のスタイルで。
笑かした、と。
MCが10分くらいあって、アンコール。

♪いくつかの場面

愛までまてない で、絶叫し

そのキスが欲しい で、溶けてしまいました。

Julieのファンで良かった、Julieについてきて良かった実感したのでした。

Julieが吠える、叫ぶと同時に私も吠えて、叫んでいました。
結構、私も声が出てる、と自画自賛。

開演前はかなりナーバスになっていた、と伺いました。

さあ、これから残り65回のステージを務めます。
初日乾杯!!!!

デイリースポーツ

スポーツ報知

日刊スポーツ

 

いつものハングリー�ハートさんの感想文をいただきました。
私とは違う角度から書いてくださっていますので、載せますね。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

沢田研二Greatest Songs.

デビュー以来発売したシングル105枚のうちA面50曲を歌うという無謀(笑)なライブ 。

フル演奏はせずワンコーラスというけど意外と一曲長く大満足以上の2時間30分。

思えばTBSで朝やっていた「ヤング720(セブンツーオー)」という番組の最初の音楽コーナーでタイガースの「僕のマリー」を見てから50年経ったのか。

客電が落ちるとスクリーンが降りてきて「親戚の子」の映像が多数(笑)

BGMはオーティス・レディングの「I've Been Loving You Too Long(あなたを愛しすぎて)」
名曲ですが客席はそんな女性が一杯。

いきなり「るんるんあなたに今夜はワインを振りかけるんるん
「君だけに愛を」で大盛り上がり。

兎に角、声が69歳とは思えない。
あまり聞いたことのない曲でもとにかくボーカルが楽しめる。

ボーカルのみならずライブで初めて聞いた「Fugitive」は、ああ、そうかあの時代イギリスで盛り上がりつつあった「レゲエ」を取り入れていたのか、と再発見。
「晴れのちブルーボーイ」でジャングルビートを取り入れているし「緑色のKiss、Kiss、Kiss」でセカンドラインを取り入れて「歌謡曲」とは一線を画していたのも再認識。

エンターテイメントの世界も忘れちゃいないし本当に楽しめた。

聞けなかったあの曲、この曲があるのは残念だが仕方がない。

欲を言えばタイガースの曲をもっと聞きたかったかな。
PYGは一曲「自由に歩いて愛して」。
日比谷野音で1971年に聞いた思い出が。

聞いてる間涙はこぼれなかったけどずっと目頭は熱かった。

思えばこの50年いろんな事があったけど悪い人生じゃなかった。
いや、音楽があって良い人生だと思いながら聞いてました。

シングルじゃないからやらないと思っていた「いくつかの場面」をなんとアンコールで。

素晴らしい歌唱でした。
客電がついたあともいつまでもなりやまぬ拍手が今日のライブを物語ってました。
なんて幸せな1日だったのだろう?
なんて恵まれた50年を過ごして来たのだろう?

すべてに感謝、感謝、感謝。




 

1967.2.5 僕のマリー
1967.5.5 シーサイド・バウンド
1967.8.20 モナリザの微笑
1968.1.5 君だけに愛を
1968.3.25 銀河のロマンス/花の首飾り
1968.7.15 シー・シー・シー
1968.10.5 廃墟の鳩
1968.12.1 青い鳥
1969.3.25 美しき愛の掟
1969.7.5 嘆き
1969.7.25 スマイル・フォー・ミー
1969.12.1 君を許す/ラヴ・ラヴ・ラヴ
1970.3.20 都会
1970.7.1 素晴らしい旅行
1970.11.10 誓いの明日

1971.11.1 君をのせて
1972.3.10 許されない愛
1972.6.25 あなただけでいい
1972.9.20死んでもいい
1973.1.1 あなたへの愛
1973.4.21 危険なふたり
1973.8.11 胸いっぱいの悲しみ
1974.11.21 魅せられた夜
1974.3.21 恋は邪魔もの
1974.7.10 追憶
197.11.21 愛の逃亡者 THE FUGITVE
1975.1.20 MON AMOUR JE VIENS DU BOUT DU MONDE
1975.1.21 THE FUGITIVE
1975.3.1 白い部屋
1975.5.20 ATTENDS MOI
1975.5.21 巴里にひとり
1975.8.21 時の過ぎゆくままに
1975.10.15 FOU DE TOI
1976.1.21 立ちどまるなふりむくな
1976.5.1 ウィンクでさよなら
1976.5.15 ELLE
1976.5.15 WHEN THE LIGHT WENT OUT
1976.9.10 コバルトの季節の中で
1976.9.10 さよならをいう気もない
1977.2.21 JULIE LOVE
1977.5.21 勝手にしやがれ
1977.7.30 MEMORIRS(西ドイツ先行発売)
1977.8.10 MEMORIES
1977.9.5 憎みきれないろくでなし
1977 TU AS CHANGE
1977.10.10 ROCK'NROLL CHILD
1978.1.21 サムライ
1978.1.21 IN THE CITY
1978.5.21 ダーリング
1978.8.1 ヤマトより愛をこめて
1978.9.10 LOVE(抱きしめたい)
1979.2.1 カサブランカ・ダンディ
1979.5.31 OH! ギャル
1979.9.21 ロンリー・ウルフ
1980.1.1 TOKIO
1980.4.21 恋のバッド・チューニング
1980.9.21 酒場でDABADA
1980.12.23 おまえがパラダイス
1981.5.1 渚のラブレター
1981.9.21 ス・ト・リ・ッ・パ・-
1981.11.21 十年ロマンス
1982.1.10 麗人
1982.2.5 色つきの女でいてくれよ
1982.5.1 おまえにチェックイン
1982.9.10 6番目のユ・ウ・ウ・ツ
1983.1.1 背中まで45分
1983.3.1 銀河旅行
1983.5.10 晴れのちBLUE BOY
1983.9.21 きめてやる今夜
1984.2.10 どん底
1984.4.25 渡り鳥 はぐれ鳥
1984.9.25 AMAPOLA
1985.8.8 灰とダイヤモンド
1986.4.23 アリフ・ライラ・ウィ・ライラ~千一夜物語~
1986.10.22 女神
1987.3.21 きわどい季節-Summer Grffiti-
1987.7.22 STEPPIN STONES
1987.11.16 CHANCE
1988.6.25 TRUE BLUE
1988.10.26 Stranger -Only Tonight-
1989.5.24 Muda
1989.9.20 ポラロイドGIRL
1990.5.23 世界はUp & Fall
1991.5.17 SPLEEN ~六月の風にゆれて
1992.5.1 太陽のひとりごと
1993.5.20 そのキスが欲しい
1994.11.16 HELLO/YOKOHAMA BAY BLUES
1995.11.19 あんじょうやりや
1996.9.6 愛まで待てない
1997.3.26 君を真実に愛せなくては他の何も続けられない
1997.6.10 オリーヴ・オイル
1997.8.27 サーモスタットな夏
1997.10.16 恋なんて呼ばない
1998.6.24 永遠に
1999.8.6 鼓動
2000.8.9 来タルベキ素敵
2001.6.8 あの日は雨
2001.10.24 まごころよろどころ
2002.9.1 忘却の天才
2003.4.25 明日は晴れる
2004.2.25 オーガニック オーガスム
2005.5.9 greenboy
2006.4.21 俺たち最高
2007.6.25 そっとくちづけを
2008.5.25 ROCK'N ROLL MARCH
2010.2.10 渚でシャララ
2009.6.10 Pleasure Pleasure
2010.9.1 涙色の空
2012.3.11 3月8日の雲
2013.3.11 Pray
2014.3.11 三年想いよ
2015.3.11こっちの水苦いぞ
2016.3.11 un democratic love
2017.3.11 ISONOMIA

(wikipedia参照)