詩集 2018.2.14

かつて。
沢田研二が書いた詩、ということでいろんな雑誌などに掲載されたものがあります。
本当にJulieが書いたものであるかどうかの真偽のほどはわかりかねますが、
そういう、こういう詩もあった、とお読みいただけると嬉しいです。



一人ぼっちになりたくて
森の奥までかけてきた
悲しみで濡れた僕の顔
緑の香りがぬぐってくれた

一人ぼっちがうれしくて
今日も来たのさ森のそば
歓びいっぱい僕の顔
泉に写って笑ってるんな心境だったのでしょうね)

一人ぼっちが淋しくて
不思議の森へかけてきた
誰かに優しくされたくて
花にむかって一人ごと

   実筆で掲載

   (どんな心境だったのでしょうね。淋しかったのかな)


ジャマスルナ!
ジャマスルナ!
ジャマスルナ!
歌うことを
笑うことを
泣くことを
一人ぼっちをジャマスルナ!

  実筆で掲載


地平線のかなたへ
ボクは行きたい
ボクの重たい孤独の影を
脇にかかえて
太陽がいつも沈む
あの地平線のどこかに
ボクは捨ててこよう
ボクの淋しさを
でも、東京の空に
太陽がよみがえると
また僕のもとに戻ってきてしまう
冷たくてやさしいボクの孤独

   (多くのファンに囲まれても、淋しかったのですね)

★思い出

秋の夕暮れ 湖に
楽しい恋のお話を
忘れてしまった
木の葉の小舟
波にゆられて
悲しそう 淋しそう

冬の夕暮れ 湖は
楽しい恋を思い出す
どこから来たの
一羽の白鳥
雪も冷たい
悲しそう 淋しそう

  昭和42年11月10日 研二

   (悲しいとか、淋しいとか、そんな言葉が多いですね)

★貝がらの歌

貝がらは海の涙
きこえるのは愛の歌
あなたに~
「ジュリー」とかいておおくりしましょう

★エンジェルのひとりごと

ぼくは街のエンジェル
ひとりぼっちの迷い児がいたら
そっと近づこう
いいからお歩き おうちが見えるまで
赤いろうそくの輪でその道を照らしてあげよう
きっと街は明るくなる

ぼくは海のエンジェル
恋の痛さに泣く娘がいたら
そっとささやこう
いいからお泣き 涙がかれるまで
青い海のしぶきでその涙をふいてやろう
きっと海は広く広くなる

ぼくは山のエンジェル
歌を忘れたカナリアがいたら
そっと歌おう
いいからお歌い くちびるを震わせて
白い雲の五線紙でその歌を作ってあげよう
きっと山は高く高くなる


雲一つない青空の下で
大の字になって昼寝をする
緑のしばふにころがって青い空をじっと見て
一人になった時 こんなことをしてみたい
僕はやっぱり孤独なの?
太陽と二人で話をする
サングラスをかけて・・・
だって太陽がまばゆいんだもん

★ 20才の日に

20本のロウソク
きれいに飾ったテーブル
タメイキが もれてしまうよ
ロウソクの灯まで
タメイキが 燃えているようだ
この灯を僕のタメイキで
消してしまおう

     この小さなユウウツを
     タメイキの心を
     あなたは
     わかってくれるかな 

          ああ

           沢田研二

  (Julieって本当に淋しかったのですね)

★海と少女 沢田研二

少女は海べを走る、走る。
白い素足で、さくさくと砂をふみながら、
“ああ、まるでお母さんみたい”
海は永遠に 少女のお母さん!
乳房のようにわたしを抱いてくれる。

少女は海の色をすくう、すくう。
桜貝の爪で、ほろほろと水を受けながら
“ああ、まるでお父さんみたい”
海は永遠に 少女のお父さん!
碧い海神の涙、たくましく、強く・・・
はがねのようにわたしを叱ってくれる。

みなしごの少女は、きょうもつぶやく
父も母も海の向こうにいってしまったー。
ひとりぼっちの少女。



まきばの午後
ぼくらの夢は
はてしなく広がり
ぼくらのくちびるに
愛のうたが生まれる
やがて
まぶしい青空をこえて
あなたの心に
ひびくだろう
ぼくらのハートが
あなたにささげる
まごころの歌が

    ジュリー

★月見草とぼく

だれかを待っている月見草
なにかを待っているぼく
待っている 待っているー
る、る、る、だれもこない
なにも見えない。
待ちぼうけの月見草
待ちぼうけのぼく・・・
風に吹かれ、雲に泳いで
きっとだれか、きっとなにか、
見えるまで

海が明るく光るとき
海が明るく波だつとき
僕の心もはずんでる
しあわせのいぶきがするからだ
しあわせの稼ぎが吹くからだ

★ ジュリーのひとりごと

「バカヤロー!」
ぼくは突然叫んでいた。
誰に対してだろう。
ぼく自身にそういってみたのだろうかー。
「バ・カ・ヤ・ロ・オ」
もう一度、口の中でそっとつぶやいてみた
そうしたら急に淋しくなった。
ぼくはひとりぽっち
あ〜 恋をしたいなァ
恋は甘くてやさしい
ピンクの色がー

そこに
あなたがいるから
あなただけしかいないから
ぼくは 行きたいのです
でも
見えない扉をかたく閉ざし
ぼくを中には入れてくれません
ぼくの傷だらけの手を
ぼくの哀しそうな眼を見ておくれ
そして早く扉をあけておくれ
ぼくの心は
ぼくの涙で溶けてしまいそう
すぐそこに
あなたがいるのに

★ひとりぽっちの歌

「美千代! 兄さんはおまえのことを
    ひとときも忘れはしないよ
長い間 病床にいるおまえの心を
    いちばんよく知っているのは兄さんだもの
そうだろう 美千代!

ステージのライトの中で
ファンの歓声の中で
痛烈なリズムの中で
    おまえの幸せを願い
兄さんは きょうも そしてあすも
       うたいつづける』

   フジテレビ スタジオにて 沢田研二



朝もやを染めて
昇る太陽に
美しく踊ったシルエット
忘れることのない
想い出の夏・・・
その夏がまたやって来た

日焼けした顔が
太陽に向かって笑っている
限りない闘魂が
希望に赤く燃えている

この手で
僕の意思で
夢を
きっと
つかんで
  みせる!    Julie

   (実筆で掲載)

何のために ぼくらは勉強するのか?
ぼくにはわからない
えらくなるため?
親を喜ばせるため?
ぼくはありのままの自分でいたい!
       沢田研二(中三の時、国語の時間に書いたもの、とか)

荒涼とした北国の浜辺に
ひとりの男がすわっている
淋しげな炎のように燃えている
瞳をあげて
はるかに遠く冷たい天空を
みつめる

だてもいない濡れた砂浜
やさしくさそうかける波
男と海だけの対話
男は どんなにかこの「時」をまっていたことか
男の夢が いま静かにひらく

なまり色の北の海が
燃えながらのぼる太陽の
光りある世界に生まれかわる
そして男の世界の生命の朝がくる

     ジュリー

かつみ!
とうとう 戻ってこなかったね
君の帰りを待っていたのに
覚えているかい
五人で誓いあったあの日を
わかるかいんs
五匹でじゃれあいはげましあった虎の子のうち
一匹が迷い子になったとき
四匹はどれだけ心配したことか
どうしてもっと心を打ちあけて
相談してくれなかったんだい
仲間じゃないか
でも虎の子はいつまでも泣かないよ
悲しみの中から
雄々しく立ち上がって吼えてやる
その声が 君の耳にとどくまで・・・・

★ 

北国のしずかな街で
南国の海のほとりの明るい町であった少女たち
君たちからおくられた花束がいまも
ボクの心の底で咲いている
ファンレターの間にはさまれた
乾いた花弁も
ボクの�ハートの小箱にしまわれた数々の
思い出といっしょに・・・・

★ 

美千代よ おまえが歩けないなら
その分だけ
兄さんが歩いてやるよそして いろいろな話を
聞かせてあげる

        沢田研二

★雨の中をきみと歩きたい

きみのやさしい肩に手をまわして
それだけでいい
ぼくの頬につたわる
あつい涙を
降りしきる雨滴が
    消してくれるから
闇の奥から
    ぼくをめがけて落ちてくる雨
ぼくの手が
    きみの肩から
        ずり落ちてしまう

夢の中で
モナリザに逢った
モナリザは泣いていた
真珠色の涙が
ひとつぶ流れて落ちた
ころころとぼくの足もとまでころがってくる
ボクは凍えた指先でつまむ
「 これ あなたの?
   この涙 あなたにおかえしします」
モナリザは黙っていた
それ以来 ぼくはあずかっているのです
モナリザの涙を

 



戻る