50周年記念特別公演 

音楽劇 大悪名 The badboys LastStand

5.6 - 6.18 (5.7追記)

こちらで少し、お待ちくださいね。

えんぶ6月号 ネットで読めます。

2017.5.31 若葉文化ホール

初日外れたので思わず取った若葉文化ホール。
楽しみです。

2017.5.6 シアター1010

数日前、嬉しいメールをいただきました。
初日のチケットがある、というものでした。

あきらめていたので、余計にうれしいです。

さあ、行ってきます。

ロビーにお花はなく、
でも今日、1日だけだから。。。


譲っていただいたお席は後方でしたが、なんと真ん中で、びっくり。
まさに、Julieが目の前。あくまでも後方でしたけどね。

幕が上がり、Julieの声。
♪河内音頭 が流れています。

センターにいる。でも帽子をかぶってる。
セリフは。。。

全員でテーマソングを歌う。
♪永遠の恋人

ぎょぎょ?
え、そんなところ?
異国の地でした。
行方不明?になっていた朝吉親分と、清次が再開するストーリー。
朝吉がいなくなって、朝吉を探す為に・・・というお話。
それが異国の地。

さらに、やくざが登場、それが広島弁のやくざ。
おそらく移住したのよね、広島から。

広島弁は、う~~ん、まあ、合格点かな。
一番良かったのは土田さん。
イントネーションが若干違いますね。
最近は、『この世界の片隅に』でブレイクした広島や呉だから、
呉出身の私としては、ほぼ合格点。

そこから朝吉、いえ、漠然さんが僧侶姿で、笠をかぶって登場。
笠を脱いだ瞬間、どよめきが起こりました。

角刈りなんかじゃなく、丸坊主でしたから。
でも、その時だけでした。

覚悟の上で、
出家しているんだろうな、となんとなく思っていた私。
ツイで写真を見ていたし
似合ってるから仕方ない。

お坊さんの衣装で手甲、脚絆でわらじ。
体形はよくわからず、でも顔元はすっきり。
口ひげと顎ひげは健在。

みんなが集う場所に修道女が3人。
南野ちゃん、土井裕子さん、千田訓子さん。
裕子さんは歌がとびっきりうまい。もちろん他の二人も素晴らしく、圧倒されました。

般若湯を飲み、酔っぱらった朝吉。
出家しても般若湯だったら、大丈夫よね。


後半、心臓が悪かった朝吉親分。
倒れるなんて、と心配しました。
けんか、いえ殴り込みには勝って、病に倒れる?

夢を見る、病床で横たわってる(正確には斜めになっていましたが)朝吉を見て、ドキ!
その夢が舞台の上で広げられます。
前回の『大悪名』を見ていたらわかる状況。

挿入歌の中には今までの音楽劇で歌われた曲があって、それも嬉しい事でした。

♪酒場の夜に

思わぬ展開。

ただ、共演者おひとりおひとり、ピックアップ?された場面があり、それがとてもよかったですね。

例えば細見大輔さん 『センセイの鞄』でのシーンを思い出しました。

パーカッションの熊谷太輔さんは、舞台上手で太鼓とシンバルで

cobaさんは最初、舞台中央でアコーディオンを。
いや~~、生は、久しぶりでした、響き渡っていました。

ストーリーはまた次に書きますね。
朝吉の歌うシーンもたっぷりあって、その歌声は流石です。

首にかけた数珠をちぎるところとか、印象的でした。

神さまと仏さまに守られている、そんな姿が印象的でした。

カーテンコールは3回でした。
最初に、思わず立ち上がって拍手をしました。
後ろに人がいないから、つい・・・
そのすぐ後で、幕が上がり、客席がわらわらと立ち上がりました。
3回目は会場の外に出た時でしたが、わ~という歓声で戻ってみたら
もう帰りなさい、というJulieのジェスチャー付きでした。

カーテンコール2回目で思わず『Julie』と叫んでしまいました。

いつもたくさんのチケットを前にして初日は
『こんなに頼むんじゃなかった』と思うのですが、
今回ばかりは、買ってて良かった~~~~
でした。

最後のシーンは・・・
ご覧になってくださいね。

次回は、、、

5月31日の千葉です。
初日のチケットが外れて、おっとり刀で追加した31日のチケットです。
当日にしか席はわかりませんが、じっくりと観劇したいと思います。

いや~~~~、良かったです。
池袋の平日はまだチケットがあるようです、
ぜひ、いらしてくださいね。

追記 5.7
今までに共演した方たちがそろったお芝居。
どなただったかしら、と台本で確認。
扉座、元M.O.Pの方たちもたくさん。
cobaさんの生演奏は素晴らしいです。
なんといっても
ACT KURT WEILE以来のお付き合いですから。
1989年でした。

一幕1時間15分、Julieの掛け声で『15分休憩』
二幕も1時間20分くらい カーテンコールによって終演時間は異なります。

土居裕子さんの歌声は素晴らしく、当時の満地球を思い出します。

Julie自身と重ね合わせてしまいそうな物語です。
ちょっと切なく、胸きゅん。
清次さんとの再会シーンは、清次さんの熱演でついつられて、涙が零れます。